事業承継にM&Aを活用するうえで押さえておきたいポイント

事業承継にM&Aを活用するうえで押さえておきたいポイント

中小企業にとって、事業承継はとても大切です。後継者を誰にするかによって会社の存続がかかっているといっても過言ではありません。そんな事業承継の方法の1つに、M&Aというものがあります。

M&Aを活用する際に、押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

M&Aとは?

M&Aとは?

事業承継は、中小企業にとって、とても重要です。事業承継の方法にはいくつかありますが、その中に、M&Aというものがあります。

M&Aとは、企業を売買したり、合併したりする行為を指します。事業承継の手段として用いる主な方法としては、株式の譲渡・会社分割・事業譲渡があります。

事業承継にM&Aを活用するうえで押さえておきたいポイントとは?

事業承継にM&Aを活用するうえで押さえておきたいポイントとは?

このM&Aを活用する際に押さえておきたいポイントとは、一体どのようなものなのでしょうか?

まず、大切なことは、自社の価値を高めるということです。当然ですが、あまり価値のない中小企業にM&Aを行う企業はありません。したがって、事業承継でM&Aを活用することを検討しているのであれば、まずは、自社の価値を高めるという努力が必要です。ここでは、会社の規模・大きさよりも、企業価値が重要です。事業承継の公的な支援機関である事業引継ぎ支援センターでも、売上1億以下の小規模事業者であっても、企業価値があれば、きちんとM&Aが成約しています。

M&Aを活用するメリットとしては、従業員の待遇の向上が期待できることです。もちろん、これは絶対条件というわけではありませんが、M&Aによって事業承継を行っても従業員の雇用が安定するという場合が多いので、経営者だけではなく、従業員にとっても大きなメリットがあります。

雇用の安定を実現することによって、従業員の士気を低下させずに済むという効果も期待できるでしょう。従業員の士気が低下してしまうと、企業として成長するということがほとんどなくなってしまいますので、従業員の待遇などはとても重要なポイントになります。

事業承継には色々な方法がありますが、その中でもM&Aという選択肢もあります。中小企業にとっては、事業承継は重要なことですので、事業承継でM&Aを活用する場合には、メリットやデメリットなどを十分理解したうえで活用することが大切です。

M&Aに関して相談する際は、弁護士小林洋介の相続相談サイトにご連絡ください。相続の他にも、事業承継・M&Aに関する業務を得意とする弁護士が、中小企業様にとって最適な解決策をご提案できるよう、誠心誠意対応いたします。

お客様とのご縁を大切にしており、スピーディーな対応を心がけていますので、東京都内で事業承継・M&Aに関するご相談をご希望の際は、遠慮なくお問い合わせください。

東京都内で事業承継をお考えの中小企業様は弁護士小林洋介の相続相談サイトへ

サイト名 弁護士小林洋介の相続相談サイト
事務所名 センチュリー法律事務所
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7−2 東京サンケイビル25階
TEL 03-5204-1086
FAX 03-5204-1255
URL https://souzokusoudan-bengoshi.com/