不動産を相続した場合に売却するメリットをご紹介

不動産を相続した場合に売却するメリットをご紹介

遺産相続において、相続する財産は、必ずしも現金や預貯金などだけではありません。相続財産の中に、不動産が含まれている場合もあります。その不動産を相続した場合に、その不動産を売却すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

相続した不動産を売却するメリットについて解説いたします。

相続した不動産を所有し続けることで生じる問題

相続した不動産を所有し続けることで生じる問題

遺産相続の際には、その遺産の中に、不動産が含まれているケースがあります。「せっかく親族から受け継いだ不動産なので手放さずに、ずっと所有し続けたい」と考える方も多いでしょう。

しかし、相続した不動産を所有し続けるということは、当然固定資産税の支払い義務が生じます。さらに、相続した不動産の管理を自分で行う場合には、その管理に時間を割かなければなりません。

つまり、今までよりも負担が増えてしまうリスクが生じる可能性があるのです。

不動産を相続した場合に売却するメリットとは?

不動産を相続した場合に売却するメリットとは?

上記のように、相続した不動産を所有し続ける場合はある程度のリスクを考慮しておくことが大切です。

一方、遺産相続によって、相続した不動産を売却するメリットはたくさんあります。例えば、相続した不動産をそのままにしてしまうと建物が劣化してしまい、建物の価値が下がることになってしまいます。建物を維持するためには、定期的にメンテナンスを行う必要があります。当然ですが、メンテナンスを行うためにはその費用がかかります。

しかし、このような問題も不動産を売却することによって解消することができます。それが、相続した不動産を売却する大きなメリットなのです。不動産と言っても色々なものがあります。自分で管理をするのが難しい場合や、すでにある程度の価値がある場合には、不動産の売却を検討するというのがよいでしょう。

遺産整理で、遺産の中に不動産が含まれている場合には、相続などに詳しい弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。相続に精通した弁護士なら、相続に関する手続きを代行してくれたり、その他相続において重要なポイントなども教えてもらったりすることができます。

遺産整理の際に相続した不動産を売却したいとお考えの方は、弁護士小林洋介の相続相談サイトにお問い合わせください。

遺産整理における不動産売却は、初めての方にとっては手続きなどわからないことも多く、相続人同士で揉めてしまうと言ったトラブルも少なくありません。弁護士小林洋介の相続相談サイトは、千代田区や文京区などの東京都内を中心に、相続でお困りの方のお役に立てるよう活動しています。相続に精通した弁護士が親身に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士に遺産整理のサポートを依頼するなら弁護士小林洋介の相続相談サイトへ

サイト名 弁護士小林洋介の相続相談サイト
事務所名 センチュリー法律事務所
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7−2 東京サンケイビル25階
TEL 03-5204-1086
FAX 03-5204-1255
URL https://souzokusoudan-bengoshi.com/