遺産分割調停の流れについて

遺産分割調停の流れについて

遺産分割調停という言葉を聞いたことがあるでしょうか?おそらくほとんどの人は、はじめて聞いた言葉でしょう。

こちらでは、遺産分割調停とは、一体どのようなものなのか、また遺産分割調停の流れについて解説いたします。

遺産分割調停とは?

遺産分割調停とは?

遺産分割調停という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この遺産分割調停とは、一体どのようなものなのでしょうか?

遺産分割調停とは、相続人同士の話し合いで遺産の分割などが上手くいかない場合などに利用する制度のことです。相続人同士で解決することができない場合に、裁判所を通して解決を目指す制度です。相続人同士だけで話し合いをしても解決することができないので、裁判所を間に挟んで話し合いを行うものです。

遺産分割調停を行う場合には、弁護士に依頼するとスムーズに行うことができます。必要な法的アドバイスを受けられるのはもちろんのこと、必要な書類などを揃える場合にも弁護士に依頼する方が、手間が省けますし、平日日中に裁判所まで出頭することも代わりに行ってくれます。相続に強い弁護士に依頼をするようにしましょう。

遺産分割調停の流れとは?

遺産分割調停の流れとは?

では、その遺産分割調停は、どのような流れで実施するのでしょうか?

いきなり、遺産分割調停を行うことはできません。流れに沿って進めていく必要があります。まずは、遺産分割調停において大切なのが、「誰が相続人であるのか?」ということです。相続人を確定するという必要があるのです。

相続人の確定と同時に大切なのが、「相続財産がどのくらいあるのか?」ということです。ここでいう「どのくらい」というのは、ここでは遺産の「範囲」と「評価」をいいます。そもそも相続財産がどのくらいあるのかを正確に把握しなければ、調停手続きで、相続人がきちんとした協議をし、誰がどの遺産を分割するか合意できなくなってしまいます。

必要な準備ができたら、家庭裁判所に申立を行います。その後、裁判所の方から、調停期日が通知されます。これは、この日にみんなで、裁判所で話し合いましょうという日のことです。この指定された日に裁判所で相続人と調停員によって話し合いが行われることになります。

この話し合いによって、相続人同士の意見がまとまればそのままその話し合いで成立ということになりますが、必ずしも話し合いがまとまるとは限りません。相続人同士だけでは解決することができないという判断をされた場合には、審判で決定するということになります。

遺産分割調停とは、相続人同士だけでは解決することができないという場合に、裁判所を通して解決を目指すという制度のことを言います。遺産分割調停を考えているという場合には、相続に強い弁護士に依頼するのがおすすめです。相続に強い弁護士であれば、調停申立の手続きをスムーズに行うことが可能です。

練馬区や豊島区など東京都内で遺産分割に関する相談をご希望の際は、弁護士小林洋介の相続相談サイトをご利用ください。相続に強い弁護士が、遺産分割に関するトラブルを解決に導けるよう、手厚くサポートいたします。遺産分割でお困りの方は、お気軽に弁護士小林洋介の相続相談サイトへお電話ください。

弁護士に遺産分割に関する相談をするなら弁護士小林洋介の相続相談サイトへ

サイト名 弁護士小林洋介の相続相談サイト
事務所名 センチュリー法律事務所
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7−2 東京サンケイビル25階
TEL 03-5204-1086
FAX 03-5204-1255
URL https://souzokusoudan-bengoshi.com/